日本フードサービス協会(JF)について

 

外食産業が果たす社会への役割

 

日本フードサービス協会(通称:JF/ジェフ)は、日本の外食産業の発展と、豊かな食文化の創造に貢献するべく、
農林水産省の認可を受け、1974年に設立されました。
以来、外食産業のサポーターとしてあり続け、2014年には創立40周年を迎えました。
加盟社は、現在では正会員、賛助会員を合わせて800社を数え、外食産業関連で最大規模の組織となっています。
日本の外食産業は、現在市場規模約25兆1816億円。従業員は約500万人となり、今や日本の雇用と地域経済を支える大きな産業へと成長を遂げました。
人々のライフスタイルの変化に伴い、テイクアウトやケータリングなどを含め、一人ひとりの生活になくてはならない産業として発展し続けています。
外食産業とそれを支えるJF/ジェフは、深まる社会との関わりの中で、食の安全・安心への対応や外食産業に携わる人々への教育をはじめとした外食企業各社のサポートはもちろん、食育、環境問題への対応、雇用の創出など、さまざまな貢献活動にも積極的に取り組んでいます。
今後も、外食産業のサポートを通して、社会全体の発展を支援し続けてまいります。

 

JFロゴ

会長からのメッセージ

  •  18th_takaoka_president.png
  • 一般社団法人 日本フードサービス協会
    第18代会長:髙岡 慎一郎(2018年5月)

 一般社団法人日本フードサービス協会会長(JF)、第18代会長の髙岡でございます。
 2020年の東京オリンピック・パラリンピック誘致を成功させた日本を支えている重要な産業の一つが観光産業であり、外食産業もその一躍を担っています。
 少子高齢化が急速に進み、人手不足が常態化している中、産業全体で生産性向上が重要な取り組み課題となっていますが、外食産業の生産性が向上しなければ、日本経済全体の底上げは困難と言っても過言ではありません。 なぜなら、外食産業は市場規模25兆円超、従業員約480万人と、地域経済と雇用を支える大変重要な役割を担っているからです。
 しかし、少子高齢化、人口減少化社会に突入して、我々外食産業においては、人手不足とともにお客様の減少も大きな課題となっております。
 こうした中で、外食産業は「生産性向上」とともに、「働き方改革」という大きなテーマに本気で取り組まなくてはなりません。協会はこうした課題に取り組むため、2年前に「生産性・付加価値向上委員会」を設置し、議論を重ねて本年5月に報告書をとりまとめましたが、業種・業態、規模の大小に関係なく、外食企業は日々、懸命な努力を行い、生産性向上に取り組んでおります。
 しかし、一方で生産性向上を追及しすぎると、外食産業らしさが無くなってしまうのではないでしょうか。我々外食産業は新店オープンのさいには、お客様にくつろいでいただけるよう店舗の雰囲気や内装にも気を使い、調理面、接客レベルを向上させるために十分な社員教育を行っております。何故なら、外食店舗に来店されるお客様は単に食事をするだけで来店されるわけではないからです。もし、おなかがすいたから食事をするだけの日常になりますと、人間だけに与えられた素敵な食文化を否定する事になります。お客様はファストフード、ディナータイプのレストラン、あるいは居酒屋など多様な店舗を選択して、外食を楽しんでいただいておりますが、お客様が外食店舗に来店されるのは、「そのお店に期待している事を体験したいから」という動機があるはずで、まさに「外食産業らしさ」が大切です。
そのために、我々外食産業は、あらゆるお客様の期待に応えるべく日々、努力をしております。そして、その期待に応えられたとき、お客様より「ありがとう」と感謝の声を頂けるという素敵な産業だと思います。
 しかしながら、我が国の労働市場は全産業でひっ迫しており、その中でも労働集約型の外食産業は人手不足が顕著となっています。こうしたことから、働き方改革、外国人雇用にも取り組まなければ、業界全体が衰退しかねません。
 我々外食産業は、「お客様第一主義」を実現するために「社員第一主義」の経営視点で成長を遂げてまいりましたが、これからもお客様に心のこもった「サービス」「ホスピタリティ」を提供し、社会を明るくすることができるよう、従業員を育てるとともに、処遇やさらなる労働環境の整備に取り組んでまいります。
 いよいよ2年後に迫った東京オリンピック・パラリンピックに向けて、世界の人々に日本の外食産業の存在意義をアピールできるチャンスがやってきます。外食産業の「食を通じて人を幸せにする」という社会的使命を実践するためにも、一致団結して会員社の方々とともに「喜び、希望、夢、感動」を創り上げてまいりたいと思います。
 

われわれの誓い

 

食とホスピタリティを通し、お客様とともに喜びをわかち合うこと、それがわれわれの原点です。

 

  1.お客様に満足していただけるよう、ホスピタリティの向上に努めます。

  2.お客様に安心していただけるよう、安全で健康的な食の提供に努めます。

  3.食と農の連携により、潤いのある食生活と内外に向けた日本の食文化の普及に努めます。

  4.地球温暖化の防止など、環境問題への積極的な取り組みに努めます。

  5.社会の一員として、雇用の創造と地域社会の発展に努めます。

一般社団法人 日本フードサービス協会

 

JF組織図

h3_soshikizu_h29.png
JF/ジェフは、会員企業が参加する各種委員会を通して、さまざまな事業に取り組んでいます。
各委員会では、外食産業の課題や事業計画などについて検討を行い、具体的な施策を推進しています。
さらに、学識経験者、専門家の方々に協会の顧問等に就任していただくなど、協会事業・活動の充実と向上に努めています。

関連団体

▲ページトップへ